新着情報(令和3年度科学技術助成事業)

令和3年度科学技術研究助成事業の募集について

 本財団は、先端科学技術について、調査研究を行うとともに、産学等による創造的研究開発を促進し、福岡県の産業の発展と県民福祉の向上に寄与することを目的に設立したものです。

 このたび、「令和3年度科学技術研究助成事業募集要項」(←クリック)のとおり研究費助成希望者を募集することに致しましたので、お知らせ致します。

(問合せ先)

  公益財団法人     柿原科学技術研究財団

  事 務 所          福岡市博多区中洲中島町3番10号 福岡県消防会館6階

  電   話        092-982-2654

  F A X        092-980-5061

  メ ー ル        kakihara@kag.bbiq.jp

  ホームページアドレス https://kakiharazaidan.jimdofree.com

 

令和3年度の科学技術研究助成事業の募集受付は、

令和3年5月6日(木)から6月5日(土)までです。

 

科学技術研究助成事業募集概要

◎ 研究助成の趣旨・目的            

 本財団は、先端科学技術について調査研究を行うとともに、産学等による創造的研究開発を促進し、福岡県の産業の発展と県民福祉の向上に寄与することを目的に、平成17年11月に設立したものです。            

 

 本年度は、福岡県の新たな産業の振興に寄与するような産学による共同研究又は個人の研究に対して、研究助成を行います。

 

 また、本年度は特に、福岡県が推進している福岡バイオバレープロジェクトへの支援を強化するとともに、「特別課題」として県民の医療福祉の向上に寄与する研究についても助成します。           

 

  また、当法人と同趣旨の基に平成24年5月に設立された「一般社団法人柿原明善堂」(本部:東京都千代田区)とも連携して事業を実施します。

 

◎ 助成対象事業

(1)特別課題

  昨年来蔓延が収束しない「新型コロナウィルス感染症」に係る研究

  (基礎研究を含む)

(6課題程度)

 経費の4/5以内 (ただし、大学及び公的研究機関等は5/5以内)

助成額300万円以内/年

 

(2)一般(公募)課題

  ① バイオベンチャー等育成事業

   先端的バイオの研究開発(DNA解折、バイオチップ、バイオセンサー等)でバイオテクノロジーの分野において新産業の創出とベンチャー企業の育成に寄与するもの (3課題程度)

経費の4/5以内 (ただし、大学及び公的研究機関等は5/5以内)

助成額200万円以内/年

 

  ② 先端科学技術開発等の育成事業

  民間企業や大学等の先端的で高度な研究シーズを活用して、新たな産業分野の創 出と育成に寄与するもの。

   具体例として、ユビキタス・ネットワーク社会を展望し、高度なインフォメーショ ン・アンド・コミュニケーション・テクノロジー(ICT技術)を駆使した新しい ビジネスモデルの創出に関する 研究開発など。

 (3課題程度)  

経費の4/5以内 (ただし、大学及び公的研究機関等は5/5以内) 

助成額200万円以内/年

 

  ③福岡バイオバレープロジェクトに関する研究開発事業

 ア 福岡バイオバレープロジェクトに関連する研究開発事業

  久留米市を中心とした「バイオクラスター」の形成に寄与する研究開発事業

  (3課題程度)

   経費の5/5以内

   助成額300万円以内/年

 イ 特定地域における研究開発事業

  久留米市地域(以下「特定地域」という。)において上記①及び②の事業の研究

     開発を行うもの

   (2課題程度)

    経費の5/5以内

   助成額100万円以内/年

 

(赤字は新規事業)